アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

デザイナーバイトの仕事内容と時給

【アルバイトEX】  採用が決まるだけで3万円の祝い金が貰える!

デザイナーのアルバイトは、主にデザイン事務所で社員の仕事を手伝う内容になります。勿論、バイトが一からデザインを考える訳ではなく、社員の指示に従ってPCを操作する「オペレーター作業」が中心です。時給は1000円を下回ることが多く、同じコンピュータ系の仕事でも、プログラマーなどに比べると少し劣ります。

デザイナーバイトの内容

デザイン事務所では、アルバイトの応募に際して必ず必要とされる項目があります。まずはマック(マッキントッシュPC)の基本操作ができること。デザイン事務所では伝統的にマックが主流で、Windowsで仕事をすることはまずありません。オペレーター作業が中心とはいえ(だからこそ?)MACを触ったことが無いという人は、採用されにくいようです。

もう一点、デザイン事務所で必ず利用する2大ソフトである、アドビ社の「Photoshop」と「Illustrator」を扱えることが、採用の条件となるはずです。

デザイン系の専門学校では、フォトショップとイラストレーターは必ず習うはずです。実務経験が無くとも、PhotoshopとIllustratorを扱える人は、自分でデザインした作品を持参してバイトに応募すると良いでしょう。作品である程度スキルがあると分かれば、即決で採用が決まることもあるようです。中々数が少ないバイトですが、大手ネットサービスなら、検索すれば幾つかヒットするはずです。

就職を考えるなら、バイトで業界の現状を知っておこう

このアルバイト内容に興味を持った人、また専門学校でフォトショップやイラストレーターを学んだ人は、ほとんどがデザイナー志望の人なはずです。デザイナーを目指す人にとっては、一度アルバイトで仕事の流れや職場の雰囲気などを体験しておくことは、(時給が安くとも)非常に重要な事です。

というのも、デザイン関係の仕事は、様々な面で日々「理不尽」との戦いだからです。一度OKを貰ってもクライアントの鶴の一声で手直しさせられ、延々と徹夜で残業をする日々・・・そんなことが当たり前の業界なのです。それでも仕事を辞めないデザイナーの人は、様々な理不尽にも勝る充実感〜自分の作品が世に出る喜び〜を感じており、自分の仕事に誇りを持っている人が非常に多いのが特長です。

そんな業界に自分は向いているのか?生涯の仕事として続けていけるのか?実際に就職する前に、デザイン事務所でアルバイトしてみるのが、一番の判断材料になるはずですから。

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.