アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

家庭教師の時給と募集条件

【アルバイトEX】  採用が決まるだけで3万円の祝い金が貰える!

家庭教師バイトの内容は、派遣会社に登録して各家庭の教え子の下へ行き、子供に対してマンツーマンで勉強を教えます。対象は主に、受験を控えている小〜中学生であることが多いです。

家庭教師アルバイトの募集条件

募集条件としては、小学生だと全教科を教えることもありますが、受験対策の中学生・高校生の場合は、英語だけ・数学だけというように、教科を限定される事もあります。

その為、アルバイトに全ての教科を教えることを求められたりはしません。「文系なので数学は全くだめ」なんて場合でも、英語や社会などが教えられる学力を持っていれば、仕事に付く事もできます。WEB求人サービスを使えば、お住まいの地域で家庭教師の応募があるか、簡単に検索できます。

 

早稲田・慶応レベルなら時給もアップ!?

但し、家庭教師バイトに就くには、優秀な大学に入っている(若しくは卒業している)ことが、募集条件として必須です。特に国公立大学や、私大でも早稲田、慶応レベルの学生なら大歓迎されるでしょう。

私大なら、MARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)や関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)以上の大学なら、家庭教師に就けるレベルだといえます。残念ながらそれ以下の大学では、募集条件に満たないので申し込んでも門前払いされるでしょう。

勿論、偏差値の高い大学に所属しているだけではなく、実際に生徒を指導できるレベルの学力が必要です。その為、採用面接の際には指導希望教科の学力試験が行われます。それと同時に、子供を指導するコミュニケーション能力も計られます。いくら学力が高くとも、対話能力が低い人は採用されません。面接時には、時には圧迫面接のようなことも行われ、希望者の適応力や対話能力が測られます。

家庭教師バイトは、単に時給が高いだけでなく、副収入も多いようです。例えば教え子の成績が大きく上がれば、親御さんからご祝儀をいただける場合もあったりします。又、基本的に夕方以降の仕事ですので、夕食をご馳走になれる場合もあります。

なお「金持ちの家に教えに行きたい」とか「教え子は異性がいい」だとか、内容・条件の要望は派遣会社では一切聞き入れられません。ちなみに中学生以上の生徒には、同性の家庭教師が派遣される場合がほとんどです。

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.