アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

交通量調査バイトの仕事内容

交通量調査アルバイトの仕事内容は、郊外の幹線道路や、都心のターミナル駅周辺などで、人や車の数をカウントする(数える)ことです。拘束時間は長いですが、それに見合った日給の高さと、休憩時間の多さが魅力です。

交通量調査アルバイトの内容

町の道路脇や地下街なんかで、椅子に座って手に持ったカウンターをカチカチ押している私服の人達を見たことありませんか?彼等は交通量調査会社に雇われたアルバイトの人間なのです。

交通量調査バイトの拘束時間は、大体早朝から夕方までの12時間拘束が多く、中には24時間拘束の仕事もあります。しかし2〜3人のグループを組んで、30分交代制で仕事しますので、拘束時間の内の半分〜3分の1は休憩時間になります。これは、長時間の単純作業なので、アルバイトの集中力を切らさない(カウント間違いを防ぐ)為に、必ず2〜3のポストを作ってローテーションさせる仕組みになっています。同時に、ポストのひとつを休憩に当てて、精神的な疲労を貯めないような処置が取られています。

仕事自体は、椅子に座って数を数えるだけですし、カウンター機のボタンを押して数えるので、非常に楽な仕事です。12時間拘束で日給1万円前後が相場ですから、休憩も含めて考えると、時給的にも美味しいバイトだと言えます。WEB求人サイトで検索すれば、沢山の交通量調査バイトが見つかるはずです。

気候・天候次第でしんどさは激変する

ただ、道路脇で自動車の数を数える場合が多いので、夏は暑く冬は寒いことが欠点です。また基本的に小雨程度なら雨天決行ですので、雨の降った日は最悪です。

また、早朝から仕事を始める場合がほとんどな為に、調査地によっては前日の夜に集合して、車中泊する制度をとる場合があります(遅刻防止などの為)。当然、車中泊など良い環境とは程遠いので、狙いめなのは気候が穏やかな春季・秋季に、現場が当日集合の交通量調査です。

求人サイトや求人雑誌にも、交通量調査の募集は頻繁に載りますので、給料の良いド短期バイトを求めている人は常にチェックしておくべきでしょう。しかし調査請負会社は登録制を取っており、何度か働いた実績を積んでおけば、楽な現場を優先的に選べるようになることもあります。

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.