アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

棚卸バイトの仕事内容

  マイナビバイト  2万件超の求人情報にWEBから応募可能。棚卸スタッフの募集もあります!

棚卸アルバイトとは、コンビニやスーパーなどの小売店の在庫数をカウントするアルバイトの事。仕事内容は、スーパーなどの大型量販店で夜間働く事になるド短期バイトと、日中にコンビニなどの小型店舗を数店回って働く長期勤務、の2通りがあります。

棚卸アルバイトの内容

棚卸とは、小売店などが決算をする際に、商品の在庫数を数えることです。しかし大型スーパーなどでは膨大な数の商品があるので、多くの人手が必要です。さらに、昼間はお店を営業しておきたいので、夜間に棚卸作業をするのが通例です。

その為、ほとんどの商業施設は棚卸専門の会社に依頼します。そして棚卸しの請負会社は、人件費の安いアルバイトを使って商品数をカウントさせます。 マイナビバイト などのWEB求人サイトで検索すれば、常時沢山の棚卸し求人が見つかるはずです。

長期=時給制で日勤、短期=日給制で夜勤

ド短期バイトの場合、スーパーの営業が終了してから、翌日の営業開始日までの夜間に、時には100人以上のアルバイターを使って、一気に商品数を数えてしまいます。よって大体22時とか23時から仕事が始まり、早朝の6時前後までの勤務時間となります。

しかし、残業が生じることは絶対に無く、大抵が予定よりも早く仕事は終了します。翌日の開店に支障をきたさないよう、人員を多めに入れて確実に早朝までに終わらせようとするからです。ド短期の場合は「時給」ではなく「日給」として契約するので、予定よりも早く仕事が終わっても、給料は全額貰えます。給料も夜勤なので高く、ド短期の夜勤は美味しい仕事といえます。

逆に長期バイトの場合は、週4〜5日の出勤数で、毎日2〜4店ほど異なる店舗を3〜5人位のグループで回って、同様に商品の数をカウントしていく仕事です。朝8時位から夕方の17時位までの勤務時間が多く、店舗間は電車を使って移動することが多いです(その時の交通費は支給されます)。

短期バイトで棚卸しする店舗は、大抵がコンビニです。数を数えたり記録したりするのも、専用の電子端末でバーコードを読み取るだけで、重い荷物を動かしたりする事もほどんどなく、仕事自体は簡単です。但し、一日に複数のコンビニを回るうえ、基本的に立ちっぱなしなので、簡単な内容のわりには疲労感の残る仕事です。時給も900円前後で、昼食も自腹ですので、さほど割の良いバイトとは言えないかもしれません。

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.