アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

ジーンズ不可のバイトの理由と対処法

アルバイトによっては、求人条件の欄などで「ジーンズ着用不可」と書いている求人もあります。若い人たちは当たり前のようにジーンズを普段着にしていますから、ジーンズNGという意味がよく分からないと思いますので、どういう理由なのか、説明してみます。

まず「ジーンズ不可」とは、あくまでブルージーンズがNGというだけで、白や黒のデニムならOKです。筆者自身も昔、求人雑誌でジーンズNGとかかれていたバイトをしたことがありますが、仕事の場で白や黒などブルージーンズではないデニムを何度も履いていきましたが、店長や社員など誰からも注意はされませんでした。

ジーンズ不可という条件がある理由は、接客業をしていると時々、「客商売なのに失礼だ」と文句を言うような客がたまに要るからです。ブルージーンズは1960年代にビートルズの影響を受けた「ヒッピー」と言われた若者文化の象徴で、今で言う「チャラ男ファッション」だったのです。

当時、ブルージーンズを履いた若者というのは、道を踏み外した不良少年というレッテルが貼られていました。ですから当時大人だった今の爺さん婆さんや、当時真面目な青年だった今の中高年世代の中には、ブルージーンズに悪いイメージを持ったままの人が少なからず要るのです。

今となっては極めてばかばかしい話ですが、日本では「お客様は神様」ですから、お店はバカみたいなクレームにも、無下に扱わず丁寧に対応しなければいけません。ですから、余計なクレーム問題が起きる前の未然の対処法として、接客業のアルバイトには、ブルージーンズを禁止させている会社があるのです。これがジーンズNGと言うバイトがある理由です。

しかし、彼らはデニム地に嫌悪しているのではなく、あくまで当時流行していた「青い感じのズボン」が嫌いなだけです。デニム地のズボンでも、黒やグレーや白といった地味な無彩色のデニムなら、特に問題にはならないのです。

赤とか黄色とか、派手な色のデニムなら問題ですが、地味な色のジーンズであれば、まず大丈夫です。一方、色落ちして白に近いような薄い青のジーンズでも、青っぽい色である限り絶対にNGです。求人雑誌のバイトの条件に、会社側がわざわざジーンズ不可と書いている理由を汲みましょう。もし履いていけば、疑わしきは罰せよの精神で、クレームがくる前に社員から厳重注意されるはずです。

 

ブルージーンズを履かない習慣を付けよう

初めてバイトをする高校生や大学生の人たちにアドバイスするなら、日常からブルージーンズ以外のデニムを履くことをお勧めします。白や黒のデニムは、近くでじっとみない限り、それがジーンズであるかどうかなど見分けがつきません。フォーマルな服装とまでは言いませんが、白や黒のデニムは非常に汎用性が高いです。

ドレスコードのある高級なレストランでも大抵は大丈夫です(ブルージーンズなら入店拒否されます)。せっかくデートでよい店を予約しても、入店拒否されたのでは洒落になりませんよね。

他にも、一部のホテルやゴルフ場など、日本にはドレスコードで「ジーンズ不可」とされた場所は少なくありません。そして年配の人の中には、ブルージーンズを履く人間を無条件で蔑む人がいます。

実に馬鹿げた話だと思いますが、ブルージーンズは大人の世界では、悪く言えば「囚人服」みたいな存在なのです。ブルージーンズ履いていること自体が、人間として低くみられかねないのが、大人の世界なのです。そこで対処法として、バイト先に限らず、日頃から青以外のデニムを履く習慣をつけていれば、人や場面を問わず、失礼に当たらない服装で困りませんよ。

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.