アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

履歴書の書き間違い〜修正液は不可!

履歴書で一番面倒なのが、書き間違いです。基本的には、書き間違いを修正するのは良くありません。新たにもう一枚、作り直すのが正解です。

これが就職面接なら、書き間違いを訂正した履歴書を出せば、その時点で不採用になります。履歴書がいいかげんだというのは、その会社に対して失礼ですし、仕事をやる気がないと受け取られます。いくらバイトの選考が就職よりも気楽だとはいえ、最低限のマナーは抑えておくべきです。

時間の都合上、どうしても一から作り直せないときは、修正液は使わずに、2本線の訂正線を引いて、その横に書き直した方がまだましです。そして訂正線の横には印鑑(実印)を押して、自分が訂正したことを証明するのがベストです。

とにかく、修正液での修正というはビジネス書類ではご法度です。

 

パソコンで履歴書を作る方法

書き間違いを頻繁にする人は、パソコンで履歴書を作ってしまうのも手です。「履歴書 テンプレート」辺りのキーワードで検索すれば、ワードやエクセル形式の無料のテンプレート配布サイトが沢山見つかります。パソコン上で文字を打ち込むので、間違えても修正が利くので非常に便利です。最終的に印刷したものを提出すればOKです。

パソコンで作った履歴書だと評価が落ちるのでは?と心配する人もいますが、あまり気にしなくても良いでしょう。むしろ「要領の良い子だ」と好意的に見られることすらあります。

当サイトで何度も言っていますが、経営者側にとってはアルバイトは所詮簡易な労働力に過ぎません。社会人として元気な挨拶や最低限のマナーが出来ているかが最大の選考ポイントであり、履歴書など面接時に一度見たら、おそらく二度と見られることはないでしょう。

就職・正社員の面接では「手書きで丁寧に作った履歴書でないとダメ!」という、厳しい考えの担当者もいるのは事実ですが、アルバイトの選考にそこまでこだわるケースは聞いたことがありません。修正液はまずいですが、パソコンで印刷したものが拒否されることは考えられません。

筆者も書き間違いがとても多いタイプだったので、実際にパソコンで作った履歴書を面接時に持っていったことが何度もありました。しかし、不採用になったことは無論、パソコンで作った履歴書に関して何か言われたことすらありませんでした。せっかく便利なものがあるのですから、上手に利用した方が賢いですよ。

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.