アルバイト初心者ガイド
サイトメニュー

アルバイト収入の源泉徴収について

まともな会社なら、稼ぎの多いアルバイトの給与から「源泉徴収」という形で、仮納税を行われているはずです。源泉徴収とは、サラリーマンがそうであるように、給料からあらかじめ税金分を引かれて、その残りを支給される形式のことです。

アルバイトの税金」で述べたように、年間所得が103万円を超えると課税対象となります。その為、毎月の給料が大体8万7千円以上になるアルバイトには、源泉徴収として税金分(8万7千円を超えた分の10%)を天引きした後に、バイト君に支払っているはずです。一度、給与明細をしっかり見てみて下さい。「源泉徴収」という欄があるはずです。

しかし、源泉徴収には落とし穴(抜け道?)があります。税金があらかじめ天引きされるのは、あくまで一箇所のバイト先で月8万7千円以上になる場合です。例えば月5万円のバイトを2箇所別々の会社で働いた場合、それぞれ源泉徴収されませんが、年間の給与所得合計は120万円になり、課税対象となります。

この場合は「確定申告」という形で、翌年の2月15日〜3月15日の間に、税務署に申告しなければなりません。一箇所のバイト先で年間所得103万円を超えたなら、源泉徴収されている為に確定申告は必要ありません。

つまり、バイトを複数掛け持ちして103万円以上稼いでいるいる場合は、確定申告が必要となり、少々面倒なことになります。とはいっても、実際にはフリーターで103万円以上稼いでいる人でも、確定申告をしているひとはほとんど居ませんし、税務署から調査される事もまずありえないでしょう。

 

確定申告すればお金が戻ってくるかも

逆に、確定申告でお金が戻ってくる場合もあります。源泉徴収される段階では、基礎控除と給与所得控除しか考慮されていませんが、それ以外にも国民年金や国民健康保険の掛け金、個人で加入している生命保険や医療保険など、税金算出時に控除の対象となるお金が色々とあるからです。

例えばフリーターで一人暮らししている人なら、国民年金や国民健康保険を自費で支払っている人も居ると思います。国民年金は年間約17万円(月額13,860円:2006年度数値)ですし、健康保険(前年の年収や自治体によって異なる)と合わせれば、これだけでも20万円以上の所得控除対象になります。

例えば、バイトで月10万円=年間120万円稼いでいたとすると、合計で1万5千円程度の源泉徴収をされているはずです。しかし、フリーターで国民年金と国民健康保険を自費で支払っている人は、確定申告をすればこの二つを控除に含めれますので、年間控除額の合計が約120万円以上となり、『年収が控除内で収まる=税金を払う必要が無い』ということになります。そして確定申告で、源泉徴収されている約1万5千円が還付金として戻ってくるのです。

確定申告には、青色申告と白色申告があり、個人事業主の人などは通常、控除額が多い青色申告を行います。しかし青色申告は手続きや帳簿付けが面倒ですし、そもそもバイトには経費など認められません(給与所得控除で一括割引される)ので、アルバイトの確定申告は白色申告となります。

あと1つ、交通費は給与とは別で、いくら支給されていようが税金の計算には含まれません(給与明細で交通費が別枠になっているはずです)。また交通費が支払われないバイトの場合、残念ながら別途、交通費を確定申告で経費算入することは出来ません。アルバイトでは、給与所得控除以外の必要経費は認められないことになっています。ですから交通費が支給されるバイトの方が、圧倒的に得になります。

年金などもしっかり自費で納めているフリーターの方は、一度確定申告を考えてみては如何でしょうか?申告書類を作るのは面倒ですが、稼ぎが大きい人なら1〜2万円の還付金(=臨時収入)が得られるのですから、検討に値するのでは?

 
引っ越し料金を節約 |白色申告の裏技 |多重債務から更正するローン |予定納税を回避する方法 |高額医療費制度と申請方法
国債の保有主体別比率 | 人民元の預金貸株のリスク |消費税は必要ない! |大阪府「買うたろう商品券」まとめ
 激安航空チケット| 新幹線と飛行機の料金比較 |東京から北海道の料金比較

Copyright (C) アルバイト初心者ガイド. All Rights Reserved.