子供の教育費の平均(小学校〜大学)

2005年12月20日 作成

HOME > モノの値段雑学 > 子供の教育費の平均(小学校〜大学)

日本で小学校から大学までの子供一人に掛かる教育費は、全て私立の学校だと平均で約2400万円もかかるという統計があります(文部科学省調査)。全て公立の場合では、およそ600万円と予想されます。この金額は純粋に学費だけの試算ですので、例えば大学受験で浪人したり、大学を自宅通いでなく下宿などしようものなら、さらに100万円単位で金額は増加します。

ちなみに、最も教育費が掛かるのは、やはり医学部です。私立大医学部の平均学費は3000万円を超えますし、当然ながら受験に際して塾や予備校なども必要になります(参考:医学部の教育費)。中学〜高校を私学で過ごして、大学を私大医学部に行ったりすると、4000万円以上掛かる事も!ここまで学費が高いと、一般家庭では到底賄いきれません。お医者さんに2世が多いのは、親が医者でないと学費を払いきれない事も、理由の一つと思われます。

しかし近年は、少子化が進んだ影響から、各家庭で子供一人にかける教育費は(塾通いなどで)増加傾向にあるようです。

公立の学校が圧倒的に安く済みますが、公立の小中学校は学級崩壊が進んでいたり、ゆとり教育という名の骨抜き学習要綱のせいで学力が低下するなどしています。その為最近では、私学の小中学校の人気が高まっているようです。

しかし教育費のことを考えると、金持ちの子供以外は小中学校を私学に通うことは難しい為、「貧富の差が義務教育の質に及ぶのはおかしい」ということで問題化しています。アメリカも貧富の差で受けられる教育水準は大きく違ってきますし、ヨーロッパなどは身分・家柄によって進学コースがほぼ限定されていたりします。それに比べれば、現在の日本はまだマシですが、段々欧米に近づきつつあるのは事実です。

子供の教育費の平均(小学校〜大学) 作成者:guider : 2005年12月20日 06:23

« 世界一高い車〜ヴェイロン16.4 | HOME | プロ野球最高年俸〜松中の7年45億円 »

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
物価データベース (C)2005.rh-guide . All rights reserved.