特集〜消費税増税は必要ない! from マネーガイドJP

インフレは悪ではない!経済成長には絶対不可欠である!

日本の財政再建には、庶民生活を確実に破壊する消費税ではなく、インフレターゲットにより借金の負担を軽減することが最適です。しかしこう聞くと「インフレは怖い」という拒絶反応を示す人も多いのが実情です。

まず最初に「インフレは悪ではない」という認識を持ちましょう。最初に断言しておきますが、国家の経済が健全であるにはインフレが絶対不可欠なのです。古今東西見渡しても、デフレで成長を続けていった国など、1つも存在しません。何より10年以上もデフレが続いている日本経済が、完全に崩壊していることからも、インフレよりもデフレの方が「悪」なことが明らかです。日本経済が復活するには、幾つもの課題を克服せねばなりませんが、最も大きな課題・・・というより、これを達成しなければ復活はありえないことが、デフレ経済からの脱却なのです。

もう少し専門的に解説すると、インフレというのは物価が年々上昇していくことです。インフレ経済下では、商品の値段が年々上昇していくので「欲しい物は早く買ってしまおう」という心理が、国民に働きます。すると商品が沢山売れるので、企業が沢山儲かります。企業が儲かれば、その分従業員の給料も増やせますし、旺盛な需要に応えるために雇用も増えることになります。すると国民には「毎年給料も上がっているから、欲しい物をどんどん買っても大丈夫だ!」と楽観的になれますから、さらに商品が売れやすくなり・・・というように、経済が好循環するのです。

逆にデフレ経済下では、物の値段が年々下がっていくので、消費者は無理に買おうとせず、貯蓄に回します。すると企業は業績が悪化するので、賃金カットやリストラが増えます。そうなれば、さらに個人が財布のひもを固くするから、ますます消費が落ち込む・・・というように「負の連鎖」が繰り返されるのです。ですから、デフレで経済が発展することなど絶対ありえないのです。

実際にデータも示しておきます。日本以外の国では、必ず物価上昇率はプラスです。実は日本以外の全ての国では、公式・非公式含めて必ずインフレターゲットを定めています。アメリカも明文化はしていないものの、FRBが適正なインフレ率に定めるよう努力していることは、世界の常識です。

主要先進国(G7)の物価上昇率 (単位:%)
  2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
アメリカ 1.5 2.6 1.9 3.2 3.7 2.2 4.1 0.7 1.9
イギリス 1.1 1.5 1.4 1.4 2.1 2.8 2.0 3.8 2.9
ドイツ 1.4 1.2 1.0 2.3 2.1 1.4 3.1 1.1 0.8
フランス 1.8 1.9 2.2 2.3 1.9 1.9 1.6 3.2 0.1
イタリア 2.2 2.9 2.5 2.4 2.1 2.1 2.8 2.4 0.9
カナダ 1.1 3.8 1.7 2.3 2.3 1.4 2.5 1.9 0.8
日本 -1.1 -0.3 -0.4 0.2 -0.4 0.3 0.7 0.4 -1.7

また1929年の世界大恐慌の際、全ての先進国で急激なデフレが進みました。その時、いち早く不況を脱出できた日本は、金本位制の脱却と金融緩和を行い、デフレを脱却したことがポイントでした。一方でアメリカは、恐慌後も金本位制を続けて金融緩和を行わなかったので、一向にデフレからの脱却が出来ず、長らく不況が続く羽目に陥ったのです。

このように、経済が健全であるためには、適度にインフレであることが必須条件なのです。

日本人はインフレに対して、過剰な拒否反応を持ちすぎです。これはおそらく、1970〜80年代の2度に渡るオイルショックがトラウマとなっているのでしょう。確かにオイルショック時のように、急激に10%以上も物価が上昇することは問題です。しかしインフレターゲットが目指すのは、年4%程度のマイルドなインフレであり、もしそれ以上に物価が上昇するようなら、金融引き締め(利上げ&マネーサプライを絞る)を行って、物価を落ち着かせます。インフレターゲットは、物価上昇率の下限だけでなく、上限も設けて、適正な範囲に収めることが目的なのです。日本はデフレが続いているから、インフレを目指すことになるというだけです。

それと、インフレアレルギーのもう一つの原因は、日銀やその御用学者によるプロパガンダです。彼らは「インフレ性悪説」を唱えて、日本でインフレターゲットを絶対に導入させないよう暗躍しているのです。その理由はただ1つ、デフレ経済の方が彼ら金持ちにとっては好都合だからです。しかし彼らの言うがままに「デフレターゲット」を続けていれば、日本経済や一般国民の生活は破綻してしまいます!



  マネーガイドJP (C)2009.rh-guide . All rights reserved.