サラリーマン社長とは

2005年11月29日 作成

HOME > 索引 【さ行】 > サラリーマン社長

サラリーマン社長【名詞:卑称? 対義語:オーナー社長】

サラリーマン社長とは、言わば「雇われ社長」のことです。会社の創業者=社長である「オーナー社長」とは、対極に位置する存在です。サラリーマン社長には、会社内の出世レースで勝ち上がった人がなるケースや、外部から招聘されてなるケースなどがあります。

いずれにせよサラリーマン社長は、大企業が責任逃れの為にお飾りで置いている役職です。会社の業績が悪かったり、不祥事を起こして株価が暴落した時に、責任を取ってクビになる(辞任する)ことが、最大の役割です。責任を負わせられ短命で社長業をクビになるわけですが、その対価としてそれなりに高額な報酬を受けています。

とはいえサラリーマン社長の報酬は、オーナー社長とは比べ物にならない位に低額です。サラリーマン社長だと有名大企業でも年収は数千万円〜1億円程度な事が多いですが、オーナー社長の場合は年収数十億円という人も珍しくありません。オーナー社長=創業者ですから自社の株式を大量に持っているケースが多く、株主配当によって多額の利益を得られるのです。トヨタやソニーの社長が長者番付に載らず、無名の会社の社長が長者番付で上位にランクインしているのは、上記のような理由からです。

一方で、会社の創業者であるオーナー社長の場合、得られるお金は桁違いです。ビルゲイツの総資産が5兆円!とか言われるのも、彼がマイクロソフトの創業者であり、マイクロソフト株を大量にずっと持ち続けていることが理由です。

まあビルゲイツは極端な例ですが、そこまで行かなくとも、名もない中小企業のオーナー社長には、上場企業のサラリーマン社長よりも、遙かに高い所得を得ている人が少なくありません。本物の大富豪になりたければ、サラリーマンで出世して社長を目指すよりも、自分で会社を起業する方が、遙かに有利な選択と言えるでしょう。

サラリーマン社長について 作成者:guider : 2005年11月29日 03:56

« タニマチ | HOME | プロダクトプレイスメント »

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
マネー用語辞典 (C)2005.rh-guide . All rights reserved.