セリクラとは

2008年03月19日 作成

HOME > 索引 【さ行】 > セリクラ

セリクラとは「セリングクライマックス(selling climax)」の略語。株式市場で、下落相場の大底のことを指します。

業績悪化や不祥事の発覚などが起きると、その企業の株を保有している投資家達は、こぞって株を投げ売り始めます。そして、損失を出す〜安値で買い叩かれることになろうとも、とにかく株を売りたいという投資家達が、大方売り切ってしまった状態が、セリクラという訳です。そしてセリクラを迎えた後は、需給が改善しますし、少しの好材料が出るだけで、株価が上昇していく可能性が高いです。つまりセリングクライマックスとは、株価が今後反発して上昇していく、相場の転換点とも見て取れます。

株価の大底であるセリクラが判別できれば、最安値で株を購入できることになり、大もうけできます。セリクラでは「下落相場で極端に出来高の多くなった日」で「チャートが陰線かつ長い下ヒゲを付ける」などの特徴を伴うことが多いようです。しかしセリクラなのか、まだまだ株価が下がっていくのかは、誰にも分かりません。

株価の値動きというのは、一部の例外(インサイダー情報を掴んでいる場合など)を除き、誰にも予測出来ません。そんな事が出来れば、無限に富を築けます。いつがセリクラだったのかという解説は、全て過去のチャートを振り返った際に、後付で語られているに過ぎません。

『頭と尻尾はくれてやれ』の格言にあるように、どんな相場の名人でも株価の大底や頂点を正確に読み取ることは出来ません。セリクラであったのかどうかは、将来振り返ってみて始めて判明することです。

セリクラについて 作成者:guider : 2008年03月19日 07:26

« 政府系ファンド | HOME | MSCIコクサイ »

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
マネー用語辞典 (C)2005.rh-guide . All rights reserved.