デフレターゲットとは

2011年05月08日 作成

HOME > 索引 【た行】 > デフレターゲット

デフレターゲットとは、日本銀行が行い続けている、物価をプラス圏に移行させない政策のこと。国の中央銀行が行うのは通常「インフレターゲット」であり、デフレターゲットを行っているのは、世界で唯一日本銀行だけです。

デフレ経済下では、持続的な経済成長が不可能であることは、過去の歴史から絶対不変の法則です。ゆえに不景気の際は、政府が国債を発行して公共事業などを積極的に行い、その財源は国の中央銀行が「買いオペ(国債買い入れ)」を行うことで賄うのが常識です。しかし日銀は、国債の買い入れを拒み、明らかに意図的に物価を上昇させない政策を続けています。

日銀がデフレターゲットを続ける理由は、彼らの私利私欲の為です。日銀の審議委員や上層部の人間は、すべからく大金持ちです。大金持ちは「財産3分法」の原則に従い、ほぼ必ず国債を保有しています。インフレが起きると国債価格は暴落しますから、彼ら大金持ちは個人的に都合が悪いのです。だから日銀は、絶対にインフレを起こさないよう、国債の買い入れを拒み続け、出来るだけ早く利上げをしようと企んでいるのです。

そしてデフレターゲットは、国を牛耳る官僚どもや、経済界にとっても大歓迎されていることが、大問題なのです。官僚、特に財務官僚は、天下りを無限に増やせる消費税増税が悲願なので、景気が低迷し続けて所得税・法人税が増えない方が好都合なのです。また、経済界も法人税減税の大義名分が得られるうえ、消費税増税なら輸出戻し税で大金が得られるので、やはりデフレで景気が低迷し続けること歓迎するのです。

日本国は、中央銀行たる日銀と、官僚や経済界が結託して、デフレターゲットという「亡国の政策」を推進し続けている、異常な国なのです。

デフレターゲットについて 作成者:guider : 2011年05月08日 04:22

« 虚構景気 | HOME

コメント コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
マネー用語辞典 (C)2005.rh-guide . All rights reserved.